×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ケリーの作品展示場

ケリーと姉のぐだぐだ会話

●へんたいサーガ公開時(2013/7/20)の会話

姉「おーいケリー!」

ケリー「なんだ腐女子。虎の穴で新刊でも出ていたか?」

姉「ちぎるぞ

ケリー「ごめんなさい。何か御用でしょうか?お姉さま…

姉「ふりーむさんで、へんたいサーガが公開されたよ」

ケリー「MAJIDE!?あんな脳内補完が酷いクソゲーが!?」

姉「ほら、キャプチャーはスタッフさんがとってくれたらしいよ」

ケリー「ぎゃああぁああぁぁぁああ!スタッフさん、マジすいません!うわぁぁあああ…どうしよう…
スタッフさん、絶対キレながらキャプチャーとったよな…こ、こんな先まで進んでとってくれたんだ…」

姉「スタッフさんに感謝だね」

ケリー「うわー…本当、感謝ですわー」

姉「とりあえず、ふりーむさんは大手だから、新着ゲームの更新も早いだろうし…説明文からしてクソゲー臭が漂っているから、
1~2人ダウンロードしてくれればいいほうだね…んで、まともな精神の人間ならプレイ数分でゴミ箱行き。
まぁ、遊んでくれただけ感謝ってやつだね」

ケリー「自分で言うのもなんだけど、脳内補完が酷いからな~メカねことか、マツキョンとか。
で、後日2chでメタクソに叩かれて…掲示板が荒れて…今更ながら、怖くなってきたぁー!」

姉「安心しろ。何度も言うが、そんなにプレイされない。1年に10件ダウンロードされればいいほうだ」

ケリー「ひっ酷い!」

姉「あと、ついでだからコンテストに応募しておいたぞ。」

ケリー「何してんだオメー!!!!これ以上ケリーのキズを広げるなぁあああ!!!!
1年に10件しかダウンロードされないクソゲーを審査する方々の身になれぇええええ!!!!!!
ストレスフルになるわぁあああ!!!」

------------------------間-----------------------------

ケリー「…あれ?そういえば、キャッチコピーが『変態だらけのRPG!君は突っ込みを我慢できるか!?』になっているよ?
ケリーがお願いしたのは、『ドキッ☆変態だらけのRPG!腐女子もいるよ!』のはず…」

姉「水泳大会みたいなキャッチコピーは却下です。どこでもつかわれているじゃんそんなの。
私がテストプレイで喉が枯れるくらい突っ込んだから、突っ込みの我慢を強調してみた。」

ケリー「か、勝手に却下すんなよ!せめてケリーに許可取れよ!」

姉「アップロードしたのは私だ!大体、その作業中お前は『何てホモホモしいんだ!ディモールト!』
とか叫びながら、義風堂々を見ていたじゃないか!」

ケリー「お、終わってから許可取ればいいだろぉ~」

姉「うるさい!ねじ切るぞ!

ケリー「ひぃ!?ど、どこを!?こ…怖い!!す、すいませーん!

●公開して1日後(2013/7/21)の会話

姉「さて、ふりーむさんでホラーゲームをダウンロードするついでに、へんたいサーガのページを軽く見ておくか…ん?
ううううううううウソおおおおお!!!

ケリー「どうした姉よ」

姉「…実況」

ケリー「は???」

姉「こんなクソゲーを実況したいと申し出てくださった、猛者がいらっしゃる。」

ケリー「ううううううううウソおおおおお!!!だだだだだだ騙されないZO!」

姉「マジだYO!ほら、このコメント!」

ケリー「ぎゃぁあああああ!ほんとだぁあああああ!!!

姉「うわぁーありがたいわぁー!でも、精神汚染にだけは気をつけていただきたいわー」

ケリー「せ、『精神汚染される恐れがあります』と、注意書きに書いておくべきかなぁ…」

姉「対象年齢15歳以上、精神年齢18歳以上に設定しているから大丈夫だと思うけど…」

ケリー「根拠がよくわからん!」

姉「早速、google先生に聞いてみるか…うぉっ!すでにようつべで実況されてうpされているぞ!」

ケリー「ええええええ!!!!HAEEEEEEEEEEEE!!!実況主さま、乙です!!」

姉「せっかくだから、俺はこのようつべの実況を視聴してみるぜ!」

------------------------間-----------------------------

ケリー「あああああああ…すいません。なんだか本当にすいません実況主さま…でも、実況おもしろいっす!!
ありがとうございます!」

姉「いやーいい実況だった。でもさ、まだ序盤だからいいけど、中盤になったら絶対キレるよね~」

ケリー「姉はキレていたもんな」

姉「だって、ダンジョンが無駄に長いくせに、エンカウント率は無駄に高いし、挙句の果てに雑魚の癖に堅いし…」

ケリー「レベルを上げて、スキルで殴ればいいんだよ」

姉「ラストスベリオンか!?それが何度も続けばさすがにムカつくわ」

ケリー「大丈夫。そもそも、こんなクソゲーを実況してくださる心のひろーい方々だし、
最終手段として、必殺『編集』がある。」

姉「お前…そんな考えだと、もがれるぞ。もぎたてフレッシュになるぞ」

ケリー「何を!?何が!?」

------------------------間-----------------------------

姉「何はともあれ、こんなクソゲーを実況してくださる方々に感謝です。
ストーリーがあるようで全く中身のない酷いクソゲーなので、無理しないでくださいね」

ケリー「精神汚染が酷いゲームなので、適度に休憩をとることをオススメします。
現に姉はこのゲームのテストプレイをしてから、雪華さんみたいな性格になりました…(涙)」